知らないと携帯電話が使えない!一時帰国時のプリペイドsimカードの落とし穴

 
一時帰国simカード

この記事を書いている人 - WRITER -


息子二人を「トリリンガル」に育てたい願望が強い、ブラジル サンパウロ在住のブラジルちえみです!

自分しか日本語を話さない環境で、子供に「日本語」を教える難しさに直面中!

ブラジルちえみ

スマホでLINEのやり取りが主流になった今、

海外在住者が日本に一時帰国するときに、一番気になるのは「携帯電話」のことではないでしょうか?

 

ホテルや、実家にいるときはいいのですが、いったん外に出てWi-fiが使えないと・・・

誰とも連絡が付かなーい!

 

そこで今回は「知らないと大変!プリペイドsimカード購入の落とし穴」を紹介します!

 

 

お得なプリペイドsimカードはどこ?

 

 

前回の一時帰国までは、母親の携帯電話にEメールのオプションを付けて連絡をしていたのですが、

LINEが主流になった今

やっぱり、プリペイドSIMカードでないと無理!

外に出ているときも、wi-fiにつなぎたい!

 

ということで、帰国前にいろいろと調べてみました。

 

 

携帯電話がアンドロイドか、iphoneかで「simカード」が違うので注意してくださいね!

 

まずは一番確実なのは「空港」で購入する方法です。

 

空港で

一時帰国プリペイドsimカード

まずは、一番お手軽に購入できるのは

「空港」に設置されている「プリペイドsimの自動販売機」

Prepaid SIM for Japan

国外線から国内線に乗り換える途中に設置されていていました。

 

販売機の説明書きが「英語と中国語」でクレジットカードで購入できます。

7日間で3,726円

14日間で5,346円

高ーい!!!

事前に調べたところ、空港で買うのは「割高」ということでした。

 

空港ではwi-fiが使えるし、時差がある間はゆっくりホテルで過ごす予定だったのでwi-fiの心配はないということでスルー。

あとから、ヤマダ電機などの電気屋さんで購入することに。

 

しかし、その考えが

あまーい!!!

プリペイドsimカード、どこにでも売っているかと思ったら大間違いです。

 

ヤマダ電機などで購入

プリペイドsimヤマダ電機

 

プリペイドsimカードには、7日、15日、30日間など滞在期間に合わせて1日のデータ通信できる容量が決まっていて、それを超えると速度が遅くなるタイプと、動画などたくさん見たいので2GBなどを購入し、一日のデータ量が決まっていないタイプがあるそうです。

家にwi-fiがあって、外で使うくらいなら期間が決まっているのでも十分です。

 

今回の滞在は3週間だったため、15日間を買う予定でした。

simコーナーで商品を選び、カウンターに向かうと・・・

「15日間のnano simカードは在庫切れです。 7日間ならあるんですが・・・」

ショック、でも近くに他の電気屋さんもあるしと、そのほかの量販店に。

 

次の某電気屋さんは取扱いしてなく、ヤマダ電機の違う店舗に行っても15日のnano simカードの在庫がない。。。

 

通常、プリペイドsimカードと言えば、海外からきた観光客がターゲット?なのか、在庫がたくさんあるわけではないようです。

電気屋さんによると、特にi-phoneyouの「nano sim」は、アンドロイドの「micro sim」に比べ取り扱いが少ないそうです。

 

特に観光客が多い場所でない限り「在庫が終わったら取り寄せる」という感じでしょうか。。

 

それでも、帰国してまだ余裕があった私は楽天の「あす楽」で見つけた!

「夜にでも注文しよう!」と余裕

 

これまた、あまーい! ハメになるとは、その時は思いもしませんでした。。。

 

楽天などのネットで購入

 

私が一番おすすめするのは、事前にネットで注文しておく方法です。

実家にいても息子に姪っ子を相手に時間をとられたり、時差がある場合はパソコンに集中できなかったり、ゆっくりネットで比較している暇がない!

「あす楽」店で、すぐに届くから大丈夫なんて、注文を延ばし延ばし。

 

余裕に思っていましたが、実は・・・

メール便なので「日にち指定」ができない!

既に15日を切っていた私は「何日に届きますか?」と問い合わせしてみるも、なか2日かかりますと言われガッカリ。。。

 

翌日、再び近くのヤマダ電機に。容量だけ買うタイプも、7日間のsimも品切れ、他の支店に電話で確認しても在庫なし。

 

結果、楽天で注文したのを待つことに。

携帯電話が使えない期間はやっぱり不便でした。。

 

 

まとめ

 

 

帰国日程が決まっているならば、あらかじめ実家にsimカードを送っておくのが便利でした!

せっかくの一時帰国、simカードに限らずですが、買いたいものをネットで検索している時間がもったいないと思うのは毎回のことです。

「買いたいもの」はあらかじめ検索して決めておく。 可能であれば購入して実家などに送っておくと

「あれ、買いたかったのにー!」

なんて買い忘れもないですよ。

 

 

感想、コメントをどうぞ!

コメント

 

Copyright© 海外でも日本語学習 , 2017 All Rights Reserved.