2017/12/21

海外在住で、子供に日本語を教える ~我が家の場合・幼少期編~

 
子供に日本語話してほしい

 

こんにちは。

ブラジルと日本のハーフの息子2人に、地味に日本語を教えているブラジルちえみです。

 

一時帰国で日本に帰ったときには、自分の家族や友達と

 

日本語で

 

コミュニケーション出来るようになってほしい!

 

子供を持った、海外在住者であれば、誰しもそう考えるのではないでしょうか?

 

しかし、日本語に触れる機会が少ない海外では、簡単なようで、意外に難しいですね。。。

 

そこで今回は、海外在住の方に「子供に日本語を教える方法」を、しくじった私の失敗談を含めて、ご紹介します。

 

しくじり先生! 海外で、子供の日本語学習 ~幼少期編~

はじまり、はじまりー。

 

 

スポンサードリンク

日本人ハーフだから、日本語が話せる!?

海外で子供に日本語を教える

 

「いいなぁ。 ハーフだから、2か国語話せるんでしょ?」

あなたの周りの友達は、おそらく、そう思っているでしょう。

 

私もそう思っていました。

子供が、まだまだ小さい頃はね。。。

 

しかし、現実は?

 

日本にいるハーフ芸能人でも、英語が一切しゃべれない人って、たくさんいますよね?

 

それと同じように、海外に住んでいる日本人ハーフの場合、キチンと日本語を勉強しないと、話せるようになりません。

 

そう、現地の言葉が母国語になっちゃうからねー!

 

両親ともが日本人で、海外在住なら、まだましだけどね。

ブラジルちえみ

 

ありがちな間違い

 

いつも日本語で話しかけていれば、自然と日本語を話してくれるんじゃない?

 

YOUTUBEで、日本のマンガを見せておけば、話せるようになるんじゃない?

 

そんなふうに思っていませんか?

 

え!

だって、うちの子、動画見て日本語覚えたよ。

 

これは間違いではないですが、子供が大きくなるにつれて、現実を突きつけられます。。。

 

だって、そもそも子供が小さい頃は、ボキャブラリーが少ないから、気が付かないんだよね。

ブラジルちえみ

 

実際のところ、日本語を話すことは、そんなに簡単なことではありませんでした。

幼児期の日本語学習のコツ

 

それでは、私が感じた幼児期の日本語学習で大事なこと。

 

なるべく早いうちに!

 

まだ幼稚園や、保育園に入る前は気づきにくいのです。

そう、ちょっと日本語を話しただけで

 

 

うちの子、日本語も話せる! スゴイ!!

ブラジルちえみ

 

なんて、得意げな顔。← 当時の私??

 

 

 

しかし、子供が、地元の幼稚園に通うようになると・・・

 

現地の言葉のボキャブラリーは一気に増える!!

 

すると、どうなる?

 

日本語を話さなくなってしまう。。。

 

なぜか??

 

おそらく、現地の言葉では伝えられる思いが、日本語でうまく伝えられなくなってしまうから。

 

日本語を話すこと自体が、ストレスになってしまうようです。

 

知り合いの方は、もっと日本語を教えたいからって、

結局、保育園に入れなかったよ!

ブラジルちえみ

 

子供が小さいうちに、出来るだけ、たくさんの日本語シャワーを浴びせたそうです。

 

結果、大きくなった今でも、日本語は話すようですよ。

 

それが、子供の教育的に良いかどうかは分かりませんが、、、

 

しかし、私が身をもって思い知らされ、感じたこと。

それは・・・

 

日本語学習は、早ければ、早い方がいい!!

 

まだ現地の幼稚園に入る前から初めたほうが、それ以降も習慣になってスムーズに勉強してくれます。

 

でも、どうやって子供に、日本語を教えればいいのか分からないよー。

 

 

本の読み聞かせ

 

日本語学習で、一番大事だな。と感じたことは、

 

「日本語のボキャブラリー」を増やすこと!

 

幼児期には、たくさんの本を、読み聞かせてあげましょう。

 

面倒だったから、途中で絵本の読み聞かせ、やめちゃったんだよね。。。

ブラジルちえみ

 

小学生になって、ひらがなやカタカナを教えるのに苦労してみて、

なんで、もっと小さいころから、読み聞かせしなかったんだ!!

 

本当に後悔しました。

 

本を読んであげることで、ひらがなやカタカナの形も自然に目に入ってきます。

 

本を毎日読む習慣をつけると、子供には、特別に日本語を教えているという感覚がなくても、子供は自然にひらがなやカタカナの形を覚えていきます。

すると、それ以後の日本語学習が、断然スムーズになります。

 

 

感覚的には、1/10くらいの労力で、ひらがな、カタカナが読めるようになるね。

ブラジルちえみ

 

私の妹は日本で暮らしていますが、毎日図書館で借りてきた本を読み聞かせしていました。

すると、そのうちに、自然と子供が自分で本を読むようになっていきました。

 

自分から本を読みたい!という好奇心と、ママに言われてイヤイヤ勉強しているのでは、全然違いますよね?

本を読んであげる!

コレ、日本語を習得するのに、間違いないです!

 

子供には、日本語でしか話さない。

 

子供が現地の言葉と、日本語を「ごちゃまぜ」で話してくる。

 

そんな悩みも、あるのではないでしょうか?

 

「子供が日本語とごちゃまぜに話して何が悪いんだ?」

「ハーフだからしょうがないし、むしろカワイイよ!」と、思っていました。当時の私は・・・

 

しかし、

 

「学校までanderしていくの?」(学校まで歩いていくの?)

「今日はpegapega でbrincarしたよ。」(今日は鬼ごっこで遊んだよ。)

 

など。 言葉がごちゃ混ぜ。。。

小学生になっても、なかなか文章全部を日本語で話してくれません。

特に、名詞より動詞のほうが分かりずらいようでした。

 

これでは、日本に帰ったときに、他の人と話せないですよね。

 

今思えば、

やはり小さなうちから、なるべく日本語だけで話す!という習慣を徹底させればよかったな。と少し後悔しています。

 

返答は全て、日本語で!

 

「学校まで歩いていくよ。」「鬼ごっこで遊んだの?」というように、

会話を打ち消すのではなく、自然に訂正させる方がいいと思います。

 

しかし、聞き慣れない日本語を、2.3回言ったったくらいでは、その言葉自体を覚えられません。

 

話を広げるついでに、

「誰と鬼ごっこで遊んだの?」

「いつ、鬼ごっこで遊んだの?」と、言葉を重ねるとイイかもしれませんね。

 

 

まとめ

スポンサードリンク

 

いかがでしたか?

 

両親ともが日本人で、家ではすべて日本語で話す。

そんな純日本人同士の子供でも、圧倒的に日本語に触れる機会が少ないので、年を追うごとに努力が必要だと思います。

 

海外で暮らしていると、親が本気になって日本語を教えてあげないと、子供はなかなか上達出来ません。

はっきりいって、面倒で、大変です。

 

しかし、子供がいつまでも素直に言うことを聞いてくれるとは、限りません。

 

私も今、中間反抗期の息子にだまし、だまし教えています。

 

だから、声を大にして言いたい!

子供が、日本語のマンガを読んだり、テレビを見るのが勉強だ!と感じる前にコツコツとあきらめずに頑張りましょう!

 

いつか、頑張って良かったという日が来る事を信じて!

 

スポンサードリンク
 

Copyright© #それがブラジル , 2017 All Rights Reserved.