海外在住でも、子供に日本語を話してほしい。できれば英語も!息子がトリリンガルになるまで! 

それがブラジル・子育てブログ

カテゴリー一覧

トリリンガル

日本語学習

その他

ドライアイの私には、コレ、本当にうれしい!!
↓↓↓

【ハーフの子供】国際結婚でもバイリンガル子育てに苦労する!~日本在住~

WRITER
 
ハーフの子供 英語
この記事を書いている人 - WRITER -
ブラジル サンパウロ在住の二児の母です。 息子二人をトリリンガルに育てたい!  自分しか日本語を話さない環境で、日本語を習得させる難しさに直面中!

 

「ハーフだから、英語もペラペラなんでしょ?」

 

いえいえ。

ハーフの子供といえども、誰もがバイリンガルになれるとは限りませんよ。

 

日本語と外国語をバランス良く身につけてもらうため、家庭での言語教育どうしよう?と考えている国際結婚ご夫婦も多いのではないでしょうか?

 

同じハーフでも、どこに住んでいるの?とか、母親が外国人なのか、父親が外国人なのか?とか。

いろいろな環境がありますよね?

同じハーフの子供でも、生活環境によって、だいぶ変わりますよー!

 

そこで今回は、「ハーフの子供をバイリンガルにするための注意点」をご紹介します。

 

 

子供をバイリンガルに育てるには!

 

バイリンガルにするには、親子の努力が必要!

 

 

 

日本の芸能界にも、英語が全く話せないハーフタレントさんがたくさんいますよね?

日本人の母親と、ドイツ系アメリカ人の父親を持つ、

ウエンツ瑛士とか。

 

バリバリのハーフ顔だけど残念。。。

 

ウエンツさんの場合は、日本で暮らしているので

どちらの言語も中途半端にならないように、

英語教育はしない!

 

という、両親の教育方針だったようです。

 

#副島淳#書道は小学生以来とか。

Uma publicação compartilhada por ゆめみる ゆめ (@yumeyumemiru) em

アフロお笑い芸人の副島 淳(そえじま じゅん)とか。

この顔で英語が話せなくて、入国審査で止められるらしい。。。

 

英語が必須教科になった今、話せないじゃもったいなーい!

 

言語学者によると、子供をバイリンガルに育てるには・・・

 

 

たとえば、日本語と英語の場合なら、子供の育つ環境が、

 

英語と日本語、50: 50

 

少なくとも、英語:日本語 = 33:66

これが最低限だそうです。

 

どちらかの言語が30パーセントをきるとバイリンガルにするのは難しいってことね。

ブラジルちえみ

 

そんな理想は分かっていても・・・

 

子供が小さい頃は、大概の家庭では母親と接する時間の方が圧倒的に多いと思います。(主夫でない限り)

家庭内で過ごす時間が長い、幼少期には・・・

 

母親の言語が強い

 

その後、保育園や幼稚園など、外の世界との時間が増えると・・・

 

通っている園の言語が強くなる。(インターナショナルスクールは例外)

 

父親が日本人で、母親が外国人の場合

 

子供が幼少期のうちに母親の母国語をふんだんに使うことで、吸収力の早い子供レベルの日常会話までは、すぐできるようになると思います。

 

しかし。

 

第1のポイントは、幼稚園入園。

第2のポイントは小学校入学。

 

この時期を境目に、日本在住の場合、

日本語のボキャブラリーは急激に伸びます。

 

日本語ではうまく伝えられることが、ほかの言語では伝えられなくなると、話すのを嫌がることも。

その後、小学生3年生くらいからの中間反抗期がくると、男の子の場合は母親を煙たがる傾向があります。

 

今、うちも中間反抗期で困ってます。。。

 

英語とのバイリンガルではないですが、私の知り合いに、こんな方もいました。

 

その方は父親が日本人で、母親が台湾人で日本で暮らしています。

3歳の娘さんと、今度、小学生になる6歳の息子さん。

 

台湾の小学校では、日本より早い9月からの入学なので、日本の小学校が始まる半年間、母親と兄弟で台湾へ。

お兄ちゃんは台湾の小学校、妹は台湾の幼稚園に。

 

子供たちが中国語を学ぶ環境を作るため、半年間、父親とはなれ台湾で生活していました。

 

妹さんの方は、初めての登園の日、慣れない環境で泣いてしまったようです。

しかし、お兄ちゃんのは、慣れない中国語環境にもかかわらず、頑張っていたそうですよ。

 

台湾に移って一週間も経っていないのに、既に中国語をピックアップしているようで、覚えたての中国語で嬉しそうに話しかけてきたリするそうです。

 

1か月が経つと、友達もでき、すっかり学校になじんでいる!!と、子供の成長の早さに驚いていました。

 

このような環境を作れる方は、なかなかいないかもしれません。

しかし、語学をマスターするには、学びたい言語が使われる国で暮らし、日々の生活を通して体験から学ぶのが一番手っ取り早いですね。

 

母親が日本人で、父親が外国人の場合

 

圧倒的に、日本語が優勢の環境です。

 

マイナーな外国語を話す場合だと、第二言語として習得するのが難しいですが、英語であれば教材もいろいろ出ているので、保育園などに入園する前に、いろいろボキャブラリーを増やすのがイイと思います。

 

父親が時間が取れず、英語を教えることが出来ない環境ならば、オンライン学習もいいですね。

 

 

学年が進むにつれて、言語学習以外の興味がでるので、出来るだけ小さなうちから、「話す」だけでなく「読む」「書く」の練習もした方がいいと思います。

 

 

バイリンガル子育てで、大切なこと!

 

 

子供をバイリンガルに育てる上で、大切なこと。

それは、それぞれの母国語で話しかけること。

 

例えば、父親がアメリカ人であれば、常に英語で。

母親が日本人であれば、常に日本語で話しかける。

 

そうすることで、子供は両方のアイデンティティーを理解できるようになるそうです。

 

確かに、日本人にしか分からない、言葉では訳せない言い回しってありますよね。

 

また、日本人から英語で話しかけられても、子供は英語として認識しなく、混乱させるだけという意見もありました。

 

 

まとめ

 

 

いかがでしたか?

ハーフというと「二か国語話せるようになるかも!」なんて、単純に思いがち。

しかし、実際に日常会話レベルから、ペラペラ話せるレベルになるには、親も相当な努力が必要です。

 

根気よく、教えないといけないからね。

ブラジルちえみ

 

我が家の場合は、日本語を教える方でしたが、小学校になってから慌てて始めて結構苦労しました。←今も苦労しています。。。

小さければ小さいうちから始めれば、親も、子供も少ない努力で済むと思います。

 

でも、努力は裏切らないから!

諦めずに、頑張りましょう!←自分に言い聞かせている人。。。

 

ハーフの子供は言葉を覚えるのが遅い?と心配する方はこちら。

この記事を書いている人 - WRITER -
ブラジル サンパウロ在住の二児の母です。 息子二人をトリリンガルに育てたい!  自分しか日本語を話さない環境で、日本語を習得させる難しさに直面中!

スポンサードリンク



スポンサードリンク



Copyright© それがブラジル・子育てブログ , 2017 All Rights Reserved.