教育ママの失敗例、小学生の子供に毎日?習い事ばかりさせると。。。

 
教育ママ

こんにちは。

小学生の息子2人に習い事ばかりさせる親「ブラジルちえみ」です。

 

世間ではこれを「教育ママ」というのかな?

 

週1~2回の日本語家庭教師、週1のオンライン英会話、勉強ばかりでは、ひ弱になるから週3のサッカーもさせています。

 

ほぼ毎日。。。

でも、習い事ばかりさせるのっていけないの???

ブラジルちえみ

 

そこで今回は、教育熱心なあなたに私の失敗例をご紹介します。

 

スポンサードリンク

ゲームや動画ばかりする子供

 

こんなママ友がいました。

 

私が小学生の時なんかずっと遊んでたよ。

子供の仕事は遊びだから、宿題なんかしなくていい!って言ってるんだよ。

 

。。。

私は返す言葉がありませんでした。

 

確かに、ひと昔前なら「子供は子供らしく遊んでればいい!」そんな時代もあったかもしれません。

 

しかし、これだけインターネットやゲームが普及した今の子供は、遊んでいいよ!って言ったらすぐゲーム。

ゲームはやめなさい!っていったら、youtubeを見てる。

その繰り返しです。

 

親が期待しているような、外で走り回って遊ぶ。なんてことはやってくれないのよ。

 

だから教育ママになる。

 

スポンサードリンク

勝手に、子供の将来が不安になる

 

ブラジル人とのハーフの息子二人は、ブラジルで暮らす分にはいいんだよ。

 

母国語のポルトガル語はもちろん。

日本語も話せて、英語もできるなんてイケてるじゃん!!

 

でも。。。

もし何かの都合で日本に帰国したときには、ブラジル人ハーフってどうなの?

 

ってことで、そこの劣等感を埋めるべく、教育熱心なふりをして、がむしゃらに英会話も習ってるんだな、多分!

 

自分では、子供のために!!って頑張ってる。

しかし。。。

 

こんな教育は失敗 子供の反抗期

 

9歳になった次男君は反抗期。

 

まだまだ、小学生なので甘えてくるときもあるのですが、隙あらば、ママに反抗したいようです。

 

もしかして、??

そこで初めて気が付いた!!

 

自己満足で習い事ばかりさせて、気が付けば、子供に話しかけることと言えば、勉強やサッカーの話ばかりになっていたかも。。。

 

「今日の英会話は、○○先生だよ。」とか。

「今日は、○○時から、サッカーあるから、それまでに宿題済ませておいてね。」とか

 

自分が反対の立場だったら面白くないよね。。。

そりゃ、反抗もしたくなるわっ!

 

よく考えると、子供、子供している時間なんて人生のうちで、ほんのひと時ですよね。

 

勉強、習い事をさせたい気持ちは今も変わりませんが、もっと今だから子供と一緒に出来ること、楽しい時間を過ごせるようにしたいな。と思いました。

 

まとめ

 

 

いかがでしたか?

教育ママの失敗例でした。

 

私が小さい頃は、何も続かないダメな子供でした。

 

保育園のころにエレクトーンが習いたい!と言いながらスグにやめ、そろばん、習字も続かず。

学習塾に通うも、これまた続かない。

 

そして、初めての就職もそうでした。

 

しかし、2回目の仕事は結婚するまで10年続き、その時に習っていた洋裁教室も7年続けることが出来ました。

 

そこで、初めて続けることの大切さを知りました。

環境が変わっていく中で、一つのことを続けるのって、意外に大変なんですね。

 

だから、子供たちにも興味があってはじめたことは、できるだけ長く続けてほしいと思っています。

 

 

 

 

Copyright© それがブラジル・子育てブログ , 2018 All Rights Reserved.