一時帰国するときに買うもの「食材リスト」は必須!

 
一時帰国買い物リスト食材

この記事を書いている人 - WRITER -


息子二人を「トリリンガル」に育てたい願望が強い、ブラジル サンパウロ在住のブラジルちえみです!

自分しか日本語を話さない環境で、子供に「日本語」を教える難しさに直面中!

ブラジルちえみ

「何を買って帰ろっかなぁ?」

海外在住者の一時帰国では、普段手に入らない食材を買うチャーンス!

私も毎度のことながら「日本の食材」を大量に買い込みます。

 

 

一時帰国した時に買いたい「日本の食材」は?

一時帰国買いたいもの1
ブラジルでもサンパウロであれば、日本の食材を手に入れやすい環境なので、醤油や、味噌などメジャーな調味料や日本米はスーパーで手に入ります。

輸入品でなくブラジルで作っているものなら、比較的安く購入もできます。

 

しかし!やっぱり日本の商品の方がイイ!

 

日本からの「輸入品」ともなると、価格は一気に上がり・・・

日本で買う約3倍!!

 

例えばカレーが1箱900円、めんつゆ1本1300円など。

これにブラジルの貨幣価値を考えると、正直高すぎて何も買えませーん。。。

買ったとしても、日本にいた時のようには使えません😢

 

帰国した際には、とにかく少しでも「日本の味」を持って帰りたい!

でも、なるべく軽いものがいい!

 

一時帰国時にもってかえりたい食材の口コミを見ていると、みなさん大体同じような食品をあげています。

まずは・・・やっぱりカレールー!

 

カレーのルー

 

ブラジルでもカレーパウダーはあるので、通常はそれを利用してカレーを作ります。

しかし、無性にあのカレールーの「昔ながらの日本のカレー」が食べたくなるんですねー。

マーケットでも売っていますが、やはり高額なため、特別な日のためにケチって使います(貧乏性)

 

アメリカ在住の皆さん「肉エキス」は持ち込めないと、「カレールー」諦めないで!

動物性原材料不使用のカレールーもありますよー。

(牛肉、豚肉、鶏肉、卵、乳などの畜産物、魚介類を含む原材料不使用)

1キロなので約5箱分です。

 

塩昆布・乾燥わかめ

 

ご飯に混ぜても、キャベツと和えてごま油で食べてもおいしー!

混ぜるだけの手軽さ・サイコー!!

 

めんつゆ

 

ポン酢は醤油があれば、それらしいものを自家製で作ることができるのですが、

めんつゆは、そもそもかつお節自体が貴重なので家では作れません。

うどん、そうめんと言えば「めんつゆ」が必須!

刻みオクラや豆腐、天ぷらに。

めんつゆがある生活は、海外の食べ飽きた食事に幅がでるのでいいですよ。

液体は重いので、ストレートよりも、2倍、3倍と、出来るだけ「濃縮」されたものがおすすめです。

 

キューピー・マヨネーズ

 

これは、旦那さんからのリクエスト。

ブラジルでは、HELLMANN‘SやHEINZなどのマヨネーズ。

ポテトサラダや、サンドイッチであれば問題ないですが、クリームタイプで味があんまりない。。。

 

貴重な日本のマヨネーズは何かに混ぜることはせずに、茹でブロッコリーやパンにぬってシンプルに!

マヨネーズ自体の味を存分に楽しみます。

コクがあり卵の味が感じられ、息子たちも大好きですよ。

 

日本のラーメン

 

スープはもちろん、日本のラーメンは「麺」が美味しい!

こちらにもNISSHINのラーメンは売っています。

でも、全然味がちがーう!

 

スープの味は違うのはしょうがないとしても、麺が胃もたれするような感じで美味しくない。。。

ちなみに、東洋人街では「サッポロ1番ラーメン」を売っているのですが、やっぱり日本の価格の約3倍。。。

味の違いに気が付かないブラジル人旦那に食べさせるのが、もったいない(鬼嫁)

 

ラーメンも、動物性原料不使用の物があります。

 

かつお節

 

かつお節をさっと振りかけ、醤油をたらすだけでスグに「和の味」に!

鰹節は軽いですし、小分けタイプのものは、壊したくないものの「梱包材」としても便利です。

 

ふりかけ

 

ブラジル産の日本米が売っているので、週に何回かは日本のお米を炊きます。

そんな時はやっぱり「ふりかけ」

ゆかりや、たまご、さけなど、子供も大好きです。

乾燥している系は、軽いのもうれしい。

 

乾燥うどん

 

パスタはあっても「うどん」がない!

日本人ならやっぱり、かつおだしで麺が食べたくなりますよね?

乾物は日持ちするので重宝します。

日本にいた時は見向きもしなかった、お中元の余ったそうめんなど、海外生活者にはありがたい!

 

おかき系

一時帰国買いたいもの

柿の種、ハッピーターン、ぼんち揚げなどのおかき系

 

これは、自分で食べるのもそうですが、ちょっとしたお土産にもなります。

いろいろなファミリーパックのお菓子を少しづつ混ぜて、何個かラッピングしておきます。

想定外にお土産を渡したい人が現れた時に便利ですよ。

余ったら自分で食べることも出来るので。

 

子供にはハイチュー、イチゴポッキー、ハッピーターンが人気でした。

たけのこの里、きのこの山などのチョコ系は溶けてしまったことがあるので、もってかえる時期に注意しましょう。

 

 

一時帰国者ならではの注意点

 

 

いつでも買えると思わない!
買えるときにパパッと買ってしまうというのも大事です。

「また今度、来た時にしようかな。」なんて思っているうちに、友達との予定が入ったりして買えなかったことも。

今回の一時帰国でも最終日に、猛ダッシュでスーパーに行きました。。。

 

スーパーでブラブラと悩みながら買い物するのも楽しいのですが「あー、キムチの素買い忘れた。。。」なんて

今回の私のように、がっかりすることも。

そんな風にならない為にも、帰国前からリストを作っておくといいですね。

 

感想、コメントをどうぞ!

コメント

 

Copyright© 海外でも日本語学習 , 2017 All Rights Reserved.